« 救済 | トップページ | 人生の墓場かあ »

2017年7月20日 (木)

社畜という言葉が持て囃されている昨今だが

経験してない大卒ストレート就職組は、ポテンシャル重視で
指導をしてもらえないと聞いた。すごく残酷なことをいうが、「社畜」
というのは、奴隷の一部だと思う。「30過ぎたら利息で暮らせ」
「大卒、30歳、文系が首になる」とか色々聞くが、つまり判定基準は
歯車になれているかいないか、ないなら根性を出さなければいけないの
ではないか?歯車にさえなれていれば、レールを引いてもらえる可能性が高い。
つまり、社会の一部として、その個性の入っている一部だとしても歯車という
人材なのである。そんな人間の問題は、会社以外にその運動場がどこにあるか
といった話である。高卒なら工業とか農業とかしか思い浮かばないが、
「特別な才能がないなら」大卒は専門科目と教養科目を受けるので、詰め込みを
花開いていくとか、その圧力を上回るあるいは、適当にやりたい方向に
伸ばしていくことであるのではないか?これに対してどう解釈する?

« 救済 | トップページ | 人生の墓場かあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ